ヒトには生まれつき正義感が備わっている?生後6か月の赤ちゃんに見られた ヒーロー好き☆


戦隊モノ、プリキュア、しまじろう、コラショ、ドラえもん。子どもをとりまく環境には、いじめっ子にはきびしく、弱い者にはやさしい正義の味方が多く存在します。子どもたちはそんなヒーロー/ヒロインが大好き。それもそのはず、一緒にテレビを見ていると、親もついつい感情移入して泣いちゃうくらい彼ら/彼女らは大きな感動と癒しを与えてくれます。そしてヒーローたちと心を重ね合わせることで、子どもたちもまた正義感を身につけてくれると期待してしまいます

しかし、子どもたちはヒーローを見て正義感を習得するのでしょうか? それとも、もともと正義を好む傾向があるために、ヒーローを好むのでしょうか?

京都の研究チームが。まだ言葉をしゃべらない、おすわりもままならない生後6か月の赤ちゃんでも、ヒーローを好む傾向がみられるそうです

つまり正義感は、大人が教えこんだのではなく、もともと赤ちゃんが生まれ持っている可能性を示しています。いままでの研究でも、就学前の幼児にはいじめを止めに入ったり、いじめたほうを罰するよりもいじめられたほうを優先的にケアしたりするなどの正義感あふれる行動が認められていたそうです



前言語期の赤ちゃんが、すでに正義を肯定できるというのは驚きです。生後6か月というと、やっとおすわりできるかな~ぐらいのホヤホヤな赤ちゃんに、いじめっ子の青い円形がいじめられっ子の黄色い円形に体当たりし、ヒーローくんの緑の円形が止めに入るというアニメーションを見せました

その後、赤ちゃんに、四角い緑色と四角いオレンジ色のぬいぐるみを見せた結果、実験を行なった赤ちゃんの20人中17人が緑色の四角を選びました。つまり、ヒーローくんを選んだのです

部分的に変化を加えたアニメーションも見せましたが、でも、赤ちゃんは犠牲者と攻撃者がいて、それを止める場合にだけ介入した「ヒーローくん」をポジティブに評価するという結論にいたったそうです

研究者からのコメントが寄せられています

私たちヒトは、「正義」を肯定する心の特性(心的バイアス)を生来的に持っている可能性がみえてきました。こうした本性はヒトに特有のものであるのか、それはどのように育まれていくのか、その後発達する高次の「正義感」の個人差とどう結びつけていくのか。こうした問題を科学的に明らかにしたうえで、子どもたちの社会性発達の支援に生かしていきたいと考えています

今回は日本人の赤ちゃんが研究対象でしたが、ほかの文化圏の赤ちゃんでも同じ結果が出るのでしょうか。今後の研究にも注目していきたいですね

「正義」を肯定するということは、その「正義」に守られた弱者に対して思いやりがある証拠。赤ちゃんたちがもつ、弱者に寄り添う思いやりのある正義感が、未来を癒してくれることを願っています
http://www.gizmodo.jp/2017/02/children-have-a-feeling-of-justice-naturally.html

* * *

動物だけではなく、ヒトも「正義」を肯定する心の特性を持っているんですね♪人間も同じ動物だもの、猫ちゃんやワンちゃんなど動物と同じ優しい心を持っている生き物だと思います☆悪魔オタクに走り同じ人類を傷つけまくっている人達も、本来は正義感を持っているのですよね。どうしたら本来の心に戻るのでしょうかね。。。


 あわせて読みたい
1.車上荒らしにあった女性が犯人に宛てた「貼り紙」意外な内容が被害を減らしました☆
2.交通事故にあった猫を治療してあげたホームレスに舞い降りた幸運【猫の恩返し】
3.洗濯カゴに入れて捨てられていた7匹の猫…意外な事実が判明☆
4.世の中の変化の捉え方を間違えると、怖いと思うけどな~☆UNDERWORLD

AD


この記事へのコメント